島根の世界遺産 石見銀山遺跡の旅へ

島根県太田市の石見銀山遺跡は、戦国時代から江戸時代にかけて栄えた日本最大の
銀山遺跡で、2007年に世界遺産として登録されました。
『島根の世界遺産 石見銀山遺跡の旅へ』では、石見銀山遺跡周辺の観光スポットや
ホテル・旅館などの宿泊施設を紹介しています。
注目されている新たな山陰観光地「石見銀山」と楽しい島根の行楽スポットで
癒しの旅を満喫してみませんか。
島根県マップ

ホームページ・ブログの作成 代行は、鳥取県 米子市のPlatinum color 涼優彩色、すべてお任せ安心サポート

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

石見銀山 龍源寺間歩の由緒ある通路? 

龍源寺間歩からの眺め

龍源寺間歩に入って、少し歩いたところから振り返って写した写真。
風情も何もないような・・

かと言ってストロボ焚いて写しても、風情があるわけでも・・・。

龍源寺間歩でストロボを焚くと・・

まぁ、大昔に石見銀山で使われた通路なので風情がどうとか、詫び寂びがどうとか
考えながら見るものではありません。

歴史の重みと言う感じでしょうか。

スポンサーサイト

石見銀山 龍源寺間歩入り口料金所 

龍源寺間歩入り口料金所

龍源寺間歩入り口にある料金所。

大人は400円、子どもは200円の入場料を支払って
間歩に入ります。

中にいるスタッフの方から石見銀山の歴史や沢山ある間歩のお話を
聞くことができました。

石見銀山の龍源寺間歩入り口 

石見銀山の龍源寺間歩

観光コースとして解放されている石見銀山の龍源寺間歩入り口です。
坑道の長さは600mで1715年に開発されたそうな。
中は安全なように整備されていますが、
入り口は歴史を感じさせますね。

石見銀山遺跡案内図 

島根県太田市 石見銀山遺跡案内図

大森代官所跡のバス停近くにある石見銀山遺跡案内図。

写真では、ちょっとわかりづらいですね。

石見銀山観光 大森町の小川 

石見銀山領下、大森の町並み

石見銀山資料館横の町並みと、懐かしい感じのする小川。

石見銀山観光のスタート地点から眺めた様子です。
メニュー
島根の観光地写真館
石見銀山周辺の宿泊施設 ホテル・旅館
出雲 松江 宍道湖周辺 島根県内のホテル・旅館 宿泊施設
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
検索フォーム
ご希望の宿泊地を入力。
*例:大田市 出雲市
石見銀山のお天気
ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。